バストアップをしたいなら豊胸あるのみ|乙女の願い

目をはっきり見せる効果

目

顔のパーツの中でも目はかなりのインパクトがあります。それゆえに美容整形の中でも目をはっきりと大きく見せることが可能となる目頭切開はメジャーな治療であり、性別なども関係なくつねに需要も高い傾向にあります。

もっと見る

最新美容整形の傾向

女の人

以前と異なり、肌への負担が少ないレーザー治療が一般化してきました。治療効果も高く保険の適応により金銭的な負担の低くなって利用しやすくなっています。技術の進歩により、今後の利用範囲も拡大が期待されているのがレーザー治療なのです。

もっと見る

確実に対処できる

レディ

シミは、紫外線を浴びたり加齢やストレスなどによって引き起こされます。シミを解消させるには、美容整形外科でシミ治療を受ける事が良いです。事前にシミ治療について調査しておけば、精神的にも安心して進められるというメリットがあります。シミ治療によって保険の適用も異なりますので、把握しておきましょう。

もっと見る

バストを美しい形に

バスト

少しずつ注入

美容外科での豊胸治療では、バストを大きくするだけでなく、美しい形に整えることも可能となっています。たとえばバストトップが下を向いていたり、胸板からぶら下がったような状態になっていたりする場合に、上方向に盛り上がった状態に改善することができるのです。また、左右のバストの大きさや形が不ぞろいという場合にも、豊胸治療でバランスの良い状態にすることができます。さらに、左右のバストが離れている場合には、中央に寄せた状態で固定することも可能です。こういった豊胸治療は、シリコンの挿入でもおこなうことができますが、多くの場合はヒアルロン酸製剤の注入によっておこなわれます。ヒアルロン酸製剤は、バストの大きさや形を逐一チェックしながら少しずつ注入することができます。つまり、より希望に合った仕上がりとなるわけです。

ヒアルロン酸製剤

ヒアルロン酸には、天然のものとバイオ技術で作られたものとがあります。天然のヒアルロン酸は主に鶏から抽出されていて、バイオヒアルロン酸は乳酸菌から作られています。いずれの場合も人体との相性が良く安全なのですが、豊胸治療にはほとんどの場合、後者のバイオ技術で作られたヒアルロン酸製剤が使われています。大量生産が可能なので、その分治療費の負担を少なくすることができる上、感染症のリスクが少ないからです。しかも、ヒアルロン酸は本来は液状なのですが、後者の場合は高分子の状態に加工することで、ゼリー状になります。液状のものと比較すると形状が保たれやすいため、これを注入すれば、バストを美しい状態で長期間維持できるようになります。